mainlogo

joy

秋田氏 享年63歳
© SEATJOY

fukidashi

COM
FOR
TABLE!

sign
workstudio
sakura

SEAT JOY 設立ストーリー

~ JOYと天才レーサー ~

“ JOY ” ... 

こんな楽しそうなニックネームで呼ばれる人はそういません。

なんでも楽しむことが大好き...楽しいことが生きがい...

そんな自由を求め人生を楽しく生きたこの人こそSEAT JOYの生みの親。

時代はだいぶさかのぼって1978年...

ある国内シートメーカーがロサンゼルスにR&D部門を設立することに...

そのシートメーカーの社員だったJOYはその一員として設立と同時に渡米します。

渡米後間もなく、そこであるレーサーに出会います... 名前はエディ・ローソン。

当時 KAWASAKIに所属していたAMAスーパーバイクチャンピオン...

その後世界GPにも参戦した知る人ぞ知る天才レーサーです。

このエディとの出会いがJOYの価値観を変えていきます。

偶然にもJOYが勤務するR&D部門とエディが所属するKAWASAKI WORKSが

目と鼻の先にあったことから、何人かの人を介し、JOYはエディのシートをチューニングすることになります。

エディの要求はとてもシンプル...“ 良いシートを作ってくれ!” この一言。

エディの言う”良い”とは...シンプル過ぎて自問自答の日々。

JOYはある時エディの会話の中から” COMFORTABLE ”と言う言葉をよく耳にすることに気づきます。

” COMFORTABLE ” とは何なにしやすいという意味。乗りやすい、座りやすい、体重移動がしやすい...

そこに気づいたJOYは、ライディング中の全ての動作がしやすいスペシャルなシートが作れないかと考えます。

トライ&エラーを繰り返し、試行錯誤してできたのが中空構造のシート...今ではもうお目にかかれません。

テスト走行当日、乗るのはもちろんエディ。マシンにはJOYのスペシャルシート。

エディがコースに出て黙々と何周かした後ピッチに戻ると、JOYの両手をとり興奮気味に言ったのです。

” Thank you! TAKASHI! ”

JOYはこの出会いからさらにカスタムシートと本格的に向き合い、たくさんの一流レーサーと出会い、

いくつものレース用シートを手掛け、実績と経験を積んでいくことになります。

気付けば3年の月日が流れ、そして帰国間近、JOYはアメリカで心に誓います。

全てのライダーにCOMFORTABLEなシートを創ろうと...

1982年...ロサンゼルスR&Dから帰国後、同社を退社。

時を待たずしてSEAT JOYをスタートさせます。